綺麗な庭を手に入れよう!芝生を手入れするメリット

芝生の手入れをすることで、ガーデニングを楽しむことができる!

綺麗な庭を手に入れよう!芝生を手入れするメリット

芝生

理想の庭を実現する為の方法

「家庭」とは「家」に「庭」と書きます。家を建てた時、庭がある事でそこに空間と心の余裕が生まれますね。では理想の庭を作るにはどうすればよいのでしょうか?現在ではDIYの店もたくさんあり、庭を整える芝生やレンガ、土やフェンスに至るまで種類や道具も豊富にあります。色々な雑誌やネットを見て勉強したり参考にして、ご自分の好きな庭を時間を掛けて作っても楽しいですし、思い切ってエクステリア専門の施工会社にお願いして、ご自分の希望を伝えて作ってもらう事もできます。また素敵な庭に芝生がつきものですが、芝生は地面の熱を抑える事ができるので、厳しい夏の暑さも和らげる事ができます。でも芝生の手入れの方法がわからず、荒れたままになってしまう庭も多く見られます。

芝を整えるメリットをご紹介

芝生の手入れには、定期的に芝刈りや草むしりをしたり、肥料を与えるのも必要で、美しい状態にしておくのに手間が掛かります。では芝生を整えるにはどんなメリットがあるでしょうか?芝生を整える事で美しい色艶を持続させ、他の植物ともよく合いガーデニングが楽しめたり、柔らかい状態にできるので子どもたちでも裸足で遊んだり、座ったり寝転んだりとくつろげる事です。手入れをしないままだと、芝生はどんどん伸び続けますし、冬になると枯れてしまい、庭全体が寂しくなってしまうデメリットがあります。また暑い時期だと虫が入り込んだり、雑草が生えてきてしまい、衛生的にも景観的にも良くありません。

注目されるエアレーション施工

では芝生の手入れにはどんな方法があるのでしょうか?芝生の手入れの一つにエアレーションがあります。これは芝生の植えてある土にローンスパイクという器具で穴を開け、そこに新しい土(砂)を充填させる方法です。芝生の表面は一見何でもない様でも、下の方には枯れた根が絡まっていたり、土が固くなってしまったりしています。そこに穴を開けて老廃物を取り除き、新しい土壌(一般的には砂を入れます)と同時に肥料も埋め込む事で、土の若返りをはかり、芝生を健全な状態に内側から保ちます。

定期的な芝刈りも必要です

でも、もちろん芝生の手入れには定期的な芝刈りも必要です。芝を刈ることで、芝に刺激を与え、青々とした状態に保つ事ができるのです。あまり短くすると茎がさらされて芝が弱くなってしまうので、高さは2センチ位がベストでしょう。芝は初夏に一番成長し、伸びた芝の間に虫が入ってきたり、根元に日光が当たらずに弱ってしまうので、一ヶ月に2、3度は刈ります。秋からは頻度を抑え、冬は必要がありません。

広告募集中