美味しいキュウリを育てる為に、育て方や準備するものを確認しよう!

コチラの記事もオススメ

芝生

綺麗な庭を手に入れよう!芝生を手入れするメリット

芝生の手入れは頻繁に行わなくてはいけませんが、手入れをしっかりする事で、美しい庭を維持する事ができます。また家族と一緒にコミュニケーションを取りながら庭の手入れをすれば、達成感もありますし、充実した楽しい時間を過ごすことができます。

READ MORE
婦人

キュウリの育て方で大切なポイントをチェック!

家庭で楽しく栽培できる夏野菜の代表であるキュウリは、比較的育てやすく成長も早いのが特徴です。育てる上で重要なことが多くありますが、毎日大きくなる野菜を見ているだけでも心がほっこりしてくるものです。気を付けるところは十分に気をつけおいしいキュウリを育てましょう。

READ MORE
芝刈り機

芝生の手入れを依頼する業者の賢い選び方とは?

芝生の手入れを業者にお任せするという選択肢もあります。ネットでの口コミや実績を参考に、電話したときの対応なども判断材料にしましょう。お支払方法なども必ずご確認を。その他疑問点は全て無料相談で解決しましょう。

READ MORE

家庭菜園で選ばれやすい野菜ランキング!

no.1

苗で簡単栽培!「ミニトマト」

ミニトマトはわずかなスペースで栽培でき、サラダやサンドイッチなど使用頻度も高いので便利な野菜です。初心者の場合はミニトマトの苗を購入して栽培をすれば簡単に育てることができます。水もペットボトルの水で間に合います。

no.2

えんどう豆の若い状態!「豆苗(とうみょう)」

豆苗(とうみょう)は、えんどう豆の若芽のことを指します。ビタミンAや葉酸がたっぷり含まれて体に良い野菜です。土を必要としない水耕栽培のため手間がかかりません。水はすぐ腐ってしまうのでまめに取り替えて手入れをすることがポイントです。

no.3

鮮やかな赤色は歯ごたえが良い!「ラディッシュ」

真っ赤な色とシャキッとした歯ごたえが心地よいラディッシュは真夏と真冬以外なら栽培可能な初心者に向いている野菜です。ラディッシュは別名「二十日大根」と言われており、文字通り20〜30日ほどで栽培できます。プランターで栽培もできスペースを取らないことも特徴です。

no.4

夏野菜の王様は栽培も簡単!キュウリ

夏野菜の人気野菜として知られるキュウリは育て方も簡単なだけでなく育つスピードも速いため収穫の時期にはたくさんの実を結びます。初心者は苗から育てると楽に栽培できます。栽培中に茎やツルが伸びた際、支柱でしっかりと支えることがポイントです。

no.5

少しだけ食べる時に便利!「リーフレタス」

リーフレタスは別名サニーレタスとも呼ばれ、通常のレタスと違い玉の状態にならずに葉が茎に刺さったような状態で育ちます。少量だけ食べたい時に葉っぱを1〜2枚収穫すればいいので便利な野菜です。場所をとらずに栽培できるのも特徴です。

キュウリの育て方知ってますか?家庭菜園のメリット

園芸

家庭菜園に挑戦しよう

家庭菜園に必要な道具は、土いじりに必要なスコップやシャベル、くわ、水やりのためのじょうろ、ホースリール、霧吹きなどです。また手入れの際の害虫予防のための防虫スプレーも必須です。庭を所有していない方は、畑の代わりとなるプランターや専用のスタンドを用意します。そして育苗をしてから土に移行させるための育苗箱などもあると便利です。

庭の見た目と機能面を向上させる

庭を利用した家庭菜園の場合、菜園と庭の見た目をいかにバランスを取るかが重要になります。庭を菜園用の畑にしてしまうと、せっかくの庭の芝生がなくなってしまいます。庭の一部を耕して菜園をする部分をブロックで囲み、それ以外のスペースは通常の庭として保つなどの工夫をすることが大事です。庭の美しさと菜園の機能性、両方を向上させるようにしましょう。

お客様の声を確認しよう!

家庭菜園は土から

昨年キュウリを育てました。自分で育てたという事もありますが薬も使わず肥料も自然の物を使ったからでしょうか、とても美味しくて家族に喜ばれました。気を良くして今年も植えてみましたが、惨敗でした。育て方が悪かったのか、手入れが悪かったのか、そばにあった芝生に養分をとられちゃったんでしょうか・・・。短いキュウリが2、3出来ただけでした。キュウリは簡単だって言われていたのに。家庭菜園の少し先輩に同じ場所に植えたのがいけなかったかもというアドバイスをいただきました。来年はもう一度土を作って再チャレンジします。

広告募集中